貧乳なんて言わせない!評判の良い豊胸クリニック選び

HOME » お役立ちバストケア情報 » バストラインを維持する秘訣

バストラインを維持する秘訣

バストが下に垂れ下がってしまう原因は、単に加齢だけではありません。意外に大事なのは、その人の姿勢、そして、歩き方です。バストラインを維持するためのポイントを紹介しましょう。

正しい姿勢と正しい歩き方がバストラインを保つ

例えば猫背だったり、左右の肩の位置が違っていたりと背筋がピンとまっすぐになってないと、胸が常に下に向くような体勢になってバストアップの妨げになります。

そこでまずは姿勢を確認しましょう。全身が写る鏡の前に毎日立ち、綺麗な姿勢で立てているかをチェック。それだけでも、大分違うはずです。

姿勢にはくせがあるのでなかなか変わることは難しいのですが、大事なのは意識するということです。歩くときも、「背筋を伸ばして」というのを気付いたときだけでもいいので意識しましょう。

得てして綺麗な姿勢や歩き方は肉体的にきついのですが、それだけに筋肉を使い、緩んだ筋肉の改善にもなるのです。楽な姿勢で歩くということは、それだけ身体全体の老化を早めることになるのです。

アクティブな毎日でバストアップを

一回バストアップに成功しても、何もしなければ、いずれはまた胸は垂れてしまいます。

大人になると実際はなかなか運動する機会がなくなってしまいますが、継続した運動をし、筋肉を鍛えることはバストラインの維持にかかせません。

バストアップ体操ではなく、何か継続して続けられ楽しめる運動の趣味をもつことは、バストアップにも多いにお勧めできます。例えばジョギング、ウォーキングなどはいかがでしょうか?

ただその際は姿勢にできるだけ気をつけ、きちんとバストを支えてくれるスポーツブラを身につけることをお勧めします。