貧乳なんて言わせない!評判の良い豊胸クリニック選び

HOME » 自分でできるバストアップ法 » 大胸筋を鍛えるバストアップ体操

大胸筋を鍛えるバストアップ体操

バストが重力に逆らえず垂れ下がる前に習慣付けておきたい簡単なバストアップ体操をご紹介します。

大胸筋を鍛える体操

バストアップ体操は要は胸を支える大胸筋を鍛えることを目的にしています。この部分は鍛えにくい上に一度伸びたらもう元に戻らないのです。

拝み体操

手軽にできることから最も有名なバストアップ体操です。拝み体操は、胸の前で合掌のポーズをする体操のこと。やり方は簡単です!

  1. 椅子などに背筋はぴんと伸ばして座ります。
  2. 胸の中心で両手を合わせて合掌のポーズをします。
  3. 両手に力を入れる前に大きく息をすい、その後両手を押し合い、その体勢で約6秒間キープします。
  4. その後、両手の力をぬいてだらんとします。

タオル回し

タオルを使って行なう体操で、これもとても簡単にできます。

  1. 両手でタオルの端ををつかみ、そのまま腕を下へ向けてに真っ直ぐ伸ばします。
  2. 両腕を伸ばした状態で、バストの前までゆっくり持ち上げます。
  3. 両腕を頭のところまでゆっくり持ち上げます。
  4. できるところまで、そのまま両腕を体の後方までそらします。
  5. これまでとは反対の動作で、腕を下へ戻します。

体操でのバストアップの効果

実際これらの簡単なバストアップ体操をして、目に見えてバストアップするというのは、現実的ではありません。

ただし、一度伸びたらもう戻らない、大胸筋を鍛えるという上で、とても有効だと思います。事実大胸筋は鍛えにくいので、意図として鍛える必要があります。

ただ、なかなか効果を実感しづらいので、続けることはかなり難しいのも事実です。