貧乳なんて言わせない!評判の良い豊胸クリニック選び

HOME » 豊胸手術のオモテと裏 » バッグ式

バッグ式

豊胸バッグ(人工乳腺バッグ式)は、一番メジャーなバストアップ手術といえるでしょう。本物の胸の柔らかさにできるだけ近づけたバッグと呼ばれるものを胸に挿入してバストアップを図るという方法で、ヒアルロン酸注入等に比べて、そのバッグの分だけ確実なバストアップができます。

豊胸バッグが続々開発

最もよく知られているのは、シリコン製のバッグでしょう。その他には生理食塩水等、中身、形状ともに各医院で独自に開発が進められています。

以前には、バッグが胸の中で破裂してしまうということもありましたが、今では万が一破裂しても中身が拡散しないようなバッグも存在し、以前と比べてその安全性は高まっています。

バッグ式のメリットとデメリット

バッグ式は、バストアップで確実効果が望めるという点がメリットです。しかし、そこは、胸に異物を入れているというわけで、普通の胸とは色々と異なる点がどうしてもあります。

まず第一に、感触が通常の胸よりも硬めであることが多く、触られた際にバッグを挿入したことがばれてしまいやすいということ。また、人によっては胸が不感症になることもあるとか。

また、レントゲンなどで写ってしまうばあいがあるということで、施術前に確認が必要なところだと思います。

そして、通常の胸と違い、横になってもバッグの入った胸は左右に垂れることはありませんし、他の肌が衰えても胸だけは突出し続けることになり、かなり違和感があります。

生理食塩水の場合、蒸発してある程度時間が経つと小さくなってしまうというのもあるそうです。バッグ式の場合、数年後どうなるかということも頭を入れた上で決断する必要があるでしょう。