貧乳なんて言わせない!評判の良い豊胸クリニック選び

HOME » 豊胸手術のオモテと裏 » ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入

美容整形自体のハードルを下げた“プチ整形”という言葉。その名の通り、手軽にできる安心感の高い美容整形手術のことをいいますが、豊胸手術でのプチ整形というと、このヒアルロン酸注入のことになります。

最も手軽な豊胸手術

ヒアルロン酸は美容成分としてもお馴染みですね。もともと体内に含まれている安全性の高い成分です。このヒアルロン酸を注入するだけでバストアップを図るわけですから、簡単で安全、しかもバッグ式や脂肪注入法に比べて、手軽という印象があります。

感触や見た目も自然で、忙しい人でも時間をかけずに施術することができます。また、ヒアルロン酸は研究が進んでおり、今ではバスト注入用のヒアルロン酸というのも存在しているのだとか。

思いかけず高額になることも

手軽さでは他の方法より優れているヒアルロン酸注入ですが、決定的な大きな欠点があります。ヒアルロン酸はいずれ体内に吸収されてしまうのですが、それが「想定よりも早い」ということが起こり得ます。通常は2年といわれていますが、場合によっては1年もたないこともあります。

また、ヒアルロン酸は大概1ccいくらで値段が付けられていますが、どれくらい注入するかは個人差があり、ことによっては思いがけず高額になってしまいます。通常でも2年しか持たないと言われているものものなのに、費用対効果としてはどうなんでしょう…私は疑問に思います。

胸は一生ものです。その場だけよければいいという人は実際には少ないと思います。また、例えヒアルロン酸が長期間吸収されなかった場合でも、残ったヒアルロン酸が固まり、胸の感触が硬くなってしまうこともあるそうです。